荘内銀行カードローンってどんなスペック?

荘銀ローン ドリームコンシェルは荘内銀行が運営するカードローンサービスです。
申込みはインターネットから行うことが出来ます。
必要事項を入力するだけで仮審査に申込むことが出来ますので忙しい方でも簡単に申し込み手続きが取れます。
荘銀ローン ドリームコンシェルで万が一審査に落ちたとしてもドリームコンシェルリトライへの審査へと自動的に切り替わり審査に通過すれば契約が可能となります。
ただ正式契約は店頭窓口でのみとなりますので、必要書類を持参して店頭に行く必要があります。
平日の日中は仕事をされている方には利用しにくいカードローンといえます。
融資限度額は10万円・20万円・30万円・50万円・100万円・200万円・300万円・500万円から選択できます。
銀行カードローンは正社員以外申し込み不可のところも多いですが、荘銀ローン ドリームコンシェルは主婦の方やパート・アルバイトの方も申込可能です。
但し利用限度額は主婦の方が10万円まで、パート・アルバイトの方は30万円までの申し込みとなります。
融資利率は年4.5%~14.6%となります。
銀行カードローンの一番の魅力とも言える低金利での借入。
荘銀ローン ドリームコンシェルは銀行カードローンの中では決して低いとは言えませんが、それでも消費者金融で借りるよりも断然お得な金利設定です。
資金は転貸資金・事業性資金・投機性資金には使うことが出来ませんが、逆に言えばそれ以外には何にでも使うことが出来ます。
基本的に使いみちは自由ですので非常に使い勝手の良いカードローンと言えるでしょう。
借入・返済専用のローンカードを使ってATMより利用可能です。
荘内銀行・北都銀行・イオン銀行・ゆうちょ銀行・ローソン・セブン銀行ATMにと幅広く対応しています。
毎月の返済額は返済日前月末日の借入残高に応じて決まります。
例えば借入残高が30万円以下なら返済金額は5000円、30万円超え50万円以下なら1万円といったように借入残高が多くなるに連れ返済金額も多くなります。http://www.threecrossretail.co.uk/

京銀カードローンWってどんな特徴がある?

京銀カードローンWは京都銀行が提供しているカードローンサービスです。
京都銀行は京都府京都市に本店を構える総資産で全国第7位の地方銀行です。
テレビCMを活用するなどしてメディアへの露出も高く地方銀行ながらも知名度が高いです。
個人向けキャッシングサービス京銀カードローンWは最高融資限度額500万円と文字通りワイドな融資額です。
30万円・50万円・100万円・300万円・500万円と5つのコースから選択可能です。
もちろん担保も保証人も必要ありません。
京銀カードローンWの大きなメリットとも言えるのが金利の低さにあります。
金利は年3.975%~11.975%と消費者金融はもちろんの事銀行カードローン内でもかなりの低金利の部類に入るといえます。
少額の借入でも金利はかなり低いですから返済負担が軽くて済みます。
資金の使いみちは基本的に自由ですが事業正資金には使用できませんので注意してください。
カードローンですから融資限度額内で何度でも借り入れと返済ができます。
希望金額50万円までなら収入証明書の提出は不要ですから簡単な書類のみで申し込みOK。
パート・アルバイトの方でも安定収入があれば申し込みできます。
借入に使用するローンカードは京都銀行のATMを始め全国の提携金融機関、ゆうちょ銀行、セブン銀行、イオン銀行、ローソン、E-netATMで利用可能です。
京銀カードローンWには自動融資機能が備わっていますので公共料金等の口座振替時に残高不足でも不足分を自動的に融資してくれますので安心です。
申し込みはスマホ又はパソコンから出来ますので来店する必要がありません。http://www.blackboxrecorder.co.uk/

名義貸しってなんですか?

名義貸しとは自分の名義を第三者に貸すことを言います。
具体的には他人のために自分が変わって金融業者からお金を借りてあげて、その他人が返済を行っていくものです。
友人や知人に頼む人が多く昔から名義貸しによるトラブルは絶えません。
名義貸しは非常に危険な行為ですので絶対にやらないことです。
名義を貸すよう頼む人は何かしらの理由で自分の名義でお金を借りる事が出来ない状態にあると言えます。
金融業者からお金を借りるには審査を通らなければいけず、審査に落ちてしまう人は貸し付けリスクが高いと判断されたがために審査に通らなかったということです。
つまりお金を貸したとしても返済できない可能性があるということになります。
ですから名義貸しをしても近いうちに支払不能な状態になる可能性が非常に高いということです。
もし返済を滞納した場合、金融業から催促の電話や手紙が来ます。
当然名義貸しした本人に支給が来ますし、返済義務は契約した本人にあります。
名義貸しは法律的に見ても違法行為にあたります。
名義貸しはほぼ間違いなく大きなトラブルに巻き込まれますので、自分が誰かにお願いするのはもちろんの事、友人や知人から頼まれたとしても絶対に止めておきましょう。
名義を貸したとはいえ借入れ契約をしたのは本人であり返済義務は本人にあります。
更に名義貸しを頼んできた相手が始めから騙す目的であれば違法行為の片棒を担ぐこととなりますので十分に注意してください。http://www.ameliamovie.co.uk/